45年齢の時、大きな疾患を患った後々ウエイトが失速し体全体の筋力が落ちました。
両腕が重く感じられ先両肩の関節痛を発症しました。俗にいう40肩といわれるような病状、腕を上げようとすると両お隣の上部に痛みが走りました。
とにかく躯幹の着替えや洗いものの腕をのちや後方に回そうとすると痛みがきつく、実に引き上げることができませんでした。
時機にはほとんど関係なく一年中どんな時でも切り回すといった劇痛が走るので日常の色々な事務に邪魔をきたしました。
インナーやTシャツなどの被り物の脱着の際に腕があげられなかったです。
凄い時はカーディガンなど前食い違いのブルゾンの脱着もできませんでした。
ボトムスのバックにシャツをインすることができなかっただ。洗いができなかっただ。
根深い物を持つって痛いので、食器も重ねると持てない程度でした。洗濯物を物干しに乾かす、組みこむことが出来ませんでした。
両肩の関節痛だったので日数をかければ見込めるというものではなく、暮らしの大方を家族に手伝ってもらっていました。
進展ソリューションとして理学療法士くんに関してもらってリハビリを行いました。
痛みが治まるまでの数か月間はごくごく手ぬるい行動で「こんなことでリハビリになるのか」という詳細でした。
両腕をボディーのお隣ににつけ狭く「前に習え」もののポーズをとり、肘をお隣に付けたままで手のひらを数量センチ外面へ動かす(観点として15たびほど)という運動を1日に10回ほどしました。
痛みがあるうちは無理して動かさない方が良いらしいです。
関節痛が収まってからは予防対策として肩甲骨を著しく動かす運動をしました。
上記の運動で手のひらをぐっと外に広げ、肩甲骨迄を収縮させるようなイメージで動かすという効果があります。
初めは肩甲骨の動かし方もわからないほどでしたが、積み重ねる結果今では関節痛はもちろん肩こりも解消されました。

リョウシンJV錠