我々がシミ・そばかすを意識し始めたのは24年齢のときだ。久しぶりにあった友人の顔つきに細いそばかすやシミがたくさんできているのを見て、衝撃を受けたのがきっかけです。そのあとに自分の顔つきも良く見てみたら、ちっちゃなそばかすがいくつかできていたので、気を付けなければというようになりました。
美白・シミ警備で失策だったと感じていることは、単なる観光の際に日焼け致命傷を塗らなかったことだ。普段の人生で、ちょっと近所の上級に行くという状態などでは、日焼け致命傷やファンデーションを塗らずに過ごしていました。
シミ・そばかすの警備につき、最近はこまめに日焼け致命傷を付けるようにしています。一際、日焼け致命傷はいくつバリエーションを組み合わせるのが良いと効いたので、顔つきは紫外線効果のある昼要件美貌液を基盤として使用し、SPF50のCCクリームをファンデーションとして実践。パウダーも紫外線効果があるものを使うようとしてある。さらに、メイクの上から払える噴流状の日焼け致命傷をこまめにつけるようにしています。また、ガーデニングなど長時間の屋外操作ではシミ作戦様のつばが大きい予防をかぶってある。
目のあたりにできたちっちゃなそばかすを小さくしたいと思い、小林製薬のケシミンクリームを使用しましたが、我々には効果がそれほどかんじられませんでした。悪臭が独特なパーツと、僅かベタつく(乾いた先にべたべたやる)ところが好きになれませんでした。口コミそれでは結構効果があるように書いてあったので期待したのですが、私の場合は他の美白メイク水・乳液によるほうが、表皮全般が明るくなるような思いがしました。目のあたりの可愛いそばかすについては、まるで薄くなりませんでした。

キミエホワイトプラス