22?23歳くらいの辺りでしょうか。
ふっと鏡で自分の風貌を見た際に、左側頬に乏しいシミが集まって、一つの大きなシミに見える近辺があることに気付いたのです。
『えっ!』として、鏡をもう一度よく見てみると、風貌の左を中心に、ホクロがいくつもできていることにも気付きました。
それまでメーキャップの時は、目線や眉などポイントでしか鏡を見ていなかったのか、そういったことにぜんぜん気付かず、感嘆でした。
ティーンエイジャー?20代当初まで、日焼けした素肌が趨勢だったからか、私も海辺で素肌を焼いたり、常々日焼け最後クリームなどをつけることなく平気で出先で過ごしていました。
風貌の左にシミやホクロが多かったのは、人の運転するマイカーのお手伝い縁台側に乗っていることが多かったので、左に紫外線を浴びることが多かったからでしょう。
帽子はヘアースタイリングが崩れるからかぶったことがなかったし、やっぱり日焼け最後クリームの有を知らなかったかもしれません。

今考えると、美白やシミ護衛といった観点からはかけ離れた、あまりにも紫外線に無防備な、真別の生活をしていました。
シミ対策の観点から、外に出る時は、どうしても日焼け最後クリームを塗り、帽子に日傘も極力使用するようとしていらっしゃる。

他に日焼け最後のためのアーム補償もその上から着用していらっしゃる。

内部における時も、ベランダで洗濯物を乾かす間などは、うっかり日焼けをしやすく、そんな蓄積がシミやそばかすを調べるのだと理解しているので、帽子やアーム補償を着用していらっしゃる。

キミエホワイトプラス

もう一度、ミッドサマーよりも、5月辺りの紫外線が大して凄いのだに関してなど、新規通信を詰めるため、ある程度日焼けを意識するようにしています。
小林製薬の『ケシミンクリーム』を以前に使用していました。

美白美貌液などは、割高で経済的にも途切れるし、良い割合それだけ効果がみられないものが多かったので、手に入り易く、医薬品のイメージで、効きそうな感じがしたので、購入してみました。

1時代くらいは使っていたかと思いますが、具体的な効果が感じられなかったのと、やっぱ効果が感じられない中で、日々続けていかなければならない、という状況で、使い続けることに情緒を保つことができず、止めてしまいました。