痛散湯
30年代の時でビジネスで力仕事を通じていたさいに、膝の関節痛をかんじました。それ以来、脚の苦痛が悪く痛む様になりました。苦痛の障害と苦痛は、膝につまらない痛みを感じる様に其が徐々にズキンズキンやる苦痛に変わり、日に日に酷くなり毎日苦痛が取れない日が続きあるくのが辛くなってきました。そのためそのビジネスを辞めて脚に負担がかからないビジネスに変えました。
暮らしで、膝が痛む結果関節痛が凄い結果、膝を曲げる事が何よりも痛かったので、正座をするのが何よりもツラいだ。脚が引きつている受け取りがきびしく実に改善しないのが悩みですし、私のコンディションは50年代の方に可愛く行き渡る障害らしいのですが、脚を何度も怪我した自分には、さっと早い段階で膝への悩みがでてしまったんだといった先生に言われました。のでそれを認めるしかない状態に、仕方なく得心しこういう苦痛といったつき合っている。
自分が先生から言われている関節痛をやわらげる計画方として効果があるのでやるように言われている事は、イスなどに座り、膝を曲げたり伸ばしたり講じるストレッチングを常々やる様にしています。どうしてもいたみが重い時は、病棟から処方箋されている、ワンデイ効果を発動す湿布を貼っている。暮らしも、正座をしない様にしたり、関節に有難いコラーゲンを元からとる様にしています。私のオススメは、簡単におタイプ感覚で食べられる「マシュマロ」をかわいく食べている。