プロテオグリカンは動物や人間の身体のいたるところに存在します。
その役割はとても大きく、体内の細胞や組織を維持してくれる働きを持っています。

多くの細胞が集まってできたいろいろな組織によって私たちの身体はできています。
しかし細胞だけではバラバラになってしまいますので、組織をかたちづくるには“充填剤”のような存在が必要になるのです。

その充填剤にあたるものが「細胞外マトリックス」と呼ばれます、
この細胞や組織を笹テイル細胞外マトリックスを形成しているのが、プロテオグリカンやコラーゲン、ヒアルロン酸なのです。

もしプロテオグリカンが不足してしまうと、細胞がバラバラに崩れて組織が機能しなくなってしまいます。
そうなると身体にいろいろなトラブルが起こるようになってしまうのです。

つまり、プロテオグリカンは私たちの体の健康を維持するのになくてはならない成分という訳なのです。

プロテオグリカンの働きには、炎症が起こってしまう免疫システムの整える(長谷部か!)と言うものがあります。
そのため炎症を抑制してくれる効果があると認められているのです。

このような効果から、関節痛の緩和はもちろん、炎症が原因の1つである糖尿病や肥満といった症状を改善するのにも利用されるようになっています。

プロテオグリカンの高い保湿力は、ヒアルロン酸を超越するともいわれる凄まじさです。

この保湿力によって、関節の軟骨に弾力と柔軟性を与え、骨と骨の間のクッションとしての役割を高めています。
またうるおいをキープすることで肌をみずみずしいまま保つ効果があるのです。

プロテオグリカンの存在や優れた効果が確認されたのは、かなり前からのことです。
痛散湯
しかし抽出するのがとても難しいため、希少で高価な物質とされていました。
そのため一般製品には利用することができなかったのです。

しかし近年になって、サケの鼻軟骨だと高純度で効果がめちゃくちゃ高いプロテオグリカンを抽出する方法が開発されました。
それによって、いろいろば分野への利用が急速に進むようになったのです。